津南町移住推進協議会

津南で田舎暮らし 空家・空地情報バンク 津南求職者バンク 趣味・アウトドアライフ・観光 津南町の基本情報 ショッピング・交通情報 医療・介護・福祉・救急情報 子育て・教育情報

津南町移住推進協議会トップページへ
トップ > 津南で田舎暮らし > 先輩移住者の声
先輩移住者の声
  • 松元忠人さん…平成22年 移住 東京 出身 自由人 (2013/2/7 掲載)
  • 布施 剛さん…平成13年 移住 東京都 出身 自由人 (2009/7/27 掲載)
  • 鈴木裕介さん…2000年2月 移住 東京都 出身 専業農家 (2009/7/18 掲載)
  • 尾池 三佐子さん…1990年7月 移住 千葉県 出身 農家民宿 (2009/6/23 掲載)

  • 松元忠人さん「こんなに良いふるさとを…もったいない!」


    プロフィール

    移住年月日:平成22年
    現在の職業:自由人
    出身地:東京
    夫婦2人と愛猫4匹と暮らす。おふたりとも、大の猫好き。
    地域の様々なイベントに足を運ぶ他、「食べ物がおいしいから太ってしまいますね」と自慢の家庭菜園にも力を入れている。また東京ではなかった地域での交流から近所付き合いの輪が広がり、人の温かさに触れ、田舎暮らしを満喫している。

    移住しようと思ったきっかけは?

    窮屈な都会暮らしの中で、東京の事しか知らずにこのまま年をとっていくのかと思い、人生でやり残したことがあると。
    知らない土地へ行くという好奇心もありました。東京にいた時も桜を追っかけて色々なところへ行ったものです。漠然とした自然への憧れがあったのでしょうか。
    「田舎でのんびりと暮したい」というのが一番ですけどね(笑)

    なぜ津南町を選んだのでしょうか?

    自分たちの年金で暮らしていけるか、という観点から、いなか暮らしの本を見て探していました。そんな中で仲介手数料等のかからない津南町の空き家情報を見つけました。
    正直な話、あまり考えないで来ました。津南に下見に来た時、対応が良かったのもありますね。他の地域の空き家見学会は設定日が決まっていて都合が付けづらかったのに対し、津南では、「いつでもいいですよ」、「ご案内します」で始まり、何かに引っ張られるようにとんとんと話が進みました。そこでいくつかの空き家を見学した中で自分たちの条件にあった現在の物件にたどり着きました。

    移住をしてみて楽しいこと

    「今日是好日」かな。特にこれが楽しいとかじゃなくて、気持ちに余裕が持てる。周りの環境や、横のつながり、周りの人がいろいろと誘ってくれて助けられています。すぅっと仲間に入れてくれるんです。地域の集まりで体操をしているおかげで、体の調子も良くなりました。体操の後にみんなでお菓子を食べたりなんかして、癒されます。東京なら何10年一緒にいてもあいさつするだけですよ。
    たまに東京に行って帰ってくるといつも鼻がムズムズするんです。ほこりやハウスダストでしょうか。考えてみるとずっとそんな環境にいたんだなぁと気づかされました。
    あとは、温泉がいいですね。津南町は温泉が豊富で、日帰り温泉施設がいくつもありますが、竜ヶ窪温泉の会員になっています。温泉も地域の人との交流の場になっていますよ。

    移住をして苦労した事は何ですか?

    苦労したことは特にないですね。1年目は認識の甘さから、雪かきを怠って1階の窓が雪に覆われて真っ暗になってしまいました。屋根に積もった雪の重みで襖が開かないなんてこともありました。雪を好きになることですね。
    昔、新潟にスキーに行ったときに宿の2階から中に入ったことがありました。そのときの“雪国”のイメージがありましたが、現在では除雪体制は万全で交通の便が良い。車が運転できれば不自由ないですから、雪に対する抵抗感はありません。
    雪かきは冬場の運動として欠かせません。

    現在のライフスタイルは?

    夏は畑で野菜をつくり、冬は家の雪かきをしています。食べ物がおいしいから太ってしまいますね。2kg増えたのですが、雪かきで元に戻ってしまいました。そういった楽しみかたもありますね。雪の中での生活は厳しさもありますが、逆に「雪を楽しむ」ことで、この地域の魅力が増し好きになりますよ。
    東京で仕事を辞めた後は、ほとんど体を動かさない生活になりました。津南では、何かしらやることがありますから健康的な生活になります。

    ズバリ!田舎暮らしを楽しんでいますか?

    楽しんでいます!多分この楽しみは一生続くでしょう。
    小さな畑ですが、自分達が食べる程度の野菜をつくっています。野菜づくりに失敗しても来年はこうしようと工夫する楽しみがありますからね。野菜づくりもゼロから始まりましたが、なんとか食べられるものになります。お隣の家や前の家の人が教えてくれて助かってます。
    やっぱり自分でつくったものはおいしいですね。農業体験に訪れた都会の子どもたちが、家で採れたニンジンを食べて「あまい」、「ニンジン臭くない」と喜んで食べてくれました。それがまた張り合いに繋がります。

    移住希望者へメのッセージがあれば!

    津南町は水・空気がきれいで緑の山に囲まれた自然の豊かなふるさとです。雪はたくさん降りますが、春には窓から外を見ると、ふきのとうが芽を出しているのが見えるんですよ。
    津南の人にとっては、この豊かな自然、きれいな水と空気、おいしい米や野菜が当たり前、でも都会の人にはこの素晴らしさがわかります。ただ、本当の素晴らしさがわかるのは、津南に来て、暮らして、村に溶け込んで初めてわかります。
    人・モノであふれた東京と同じ水準の生活はできません。「小欲知足」を心がけています。この土地にあわせた生活をし、食べ物を食べ、のんびりとした気持ちで暮らす。そうすれば自ずと気楽なスローライフを楽しめるでしょう。
    東京でこせこせと働いている人は、みんな津南に来ればいいんですよ(笑)
    こんなに良いふるさとを…もったいない!

    おふたりとも、大の猫好きです

    マウンテンパーク津南展望台から眺める河岸段丘が一番のお気に入り

    紅葉の季節に秋山郷で開催される「やすらぎウォーク」への参加も